Aries.

Home > 創作ネタ > 自分にとってびーえるってなんだと考えてみた。

2012.01.12 Thu 自分にとってびーえるってなんだと考えてみた。

そんな内容で、追記にけっこー書いたんだけど途中で面倒になったので一度消しました!というあたりから、卯月にとってのBLの存在というものを察してくださると嬉しいです(笑)



自分が書く、ということに限って言えば、キャラの性癖・属性としてはぜんぜんアリなんだけれどむしろ長編には薔薇のひとも百合のひともその他もガンガン入れていくけど、お話の土台にしたいって欲求はないかな。考えてる段階ですでにそんなに楽しくないし、そこを推して設定詰めても結局「いや、もうこれならNLでいいじゃん」となるので、BL話は書いたことがないです。

じゃあなんでキャラの性癖・属性ならいいの?っていうと、そいういう嗜好のひとがいること自体には違和感がないからで、さらには「これだけ頭数がいて、なのに同性愛者や倒錯気味がひとりもいないって、さびしいじゃないか!」と思うからです。これだけの頭数がどれだけかっていうと、月姫綺譚原版を書いていた当時、全編の1/2の段階ですでに名前持ちキャラが50人オーバーだったことから察してください。キャラが無限増殖するのは卯月の持病です。最近はマシになったほうです。闇の~もジワジワ増えてます。

ちなみに、卯月がよく言う『性別曖昧萌え』はBLやGLとは似て非なるものです。と、思っています。性別が曖昧なキャラクタを、たとえば他キャラとCPするとして、ヒーローとCPなら曖昧キャラは卯月のなかで9割女性の扱いだし、ヒロインとCPなら9割男性の扱いになるからです。なんで10割じゃないかっていうと、曖昧でなくなると萌えが減るから。あくまでも「男か女かわからないけど、もしどっちかだとしたら~♪」というのが好き、らしい。

覆面キャラが、ここぞ!というときに覆面外して真の姿をさらしたりすると、途端に萎えるのと同じく。卯月はあくまでも覆面キャラには常時覆面でいてほしい覆面萌え。そこをあえてはずすなら、その下はキレイカッコイイお顔ではなくて、いっそ目も当てられない状態がいい。そうすれば、覆面萌えからビューティ&ビースト萌えにシフトできて萌えも安定。話がそれました。



とはいえ、帰るべき本題もあってナイ状況ですけども! 卯月の与太話にそんなのは最初からないのよ☆←



そういえば、卯月はうちの子以外の既存キャラクタについては、版権・創作限らず同性愛設定を捏造できないのです。公式設定として薔薇のひと~とか、百合のひと~ってあれば、その方向でどんどん好きCP考えるんですけど。逆もまたしかりで、ここ何年か卯月最愛のよその子であるルルさま宅のセズク氏は今ホモだけど過去ノーマルでつまり両刀(マテ、)というオフィシャル設定があるので、今ホモという設定を置いてけぼりに非公式NLカップリング推しまくってたりするわけです。

いや、だって、あくまでも個人的なこだわりっていうかそーいう話なんですけど、公式にない設定を既存キャラに付けちゃうのには抵抗があるのですよ。とくにそれが長編ものだったりするとなおのこと。なんでかっていうと、その設定ひとつひとつに後々の伏線だとかこの先の展開だとかを左右する要素があって、それを何も知らないよそ者が勝手にいじっていいのか、と思うともはや手も足も出せないわけです。だってこわいじゃない! 架空とはいえ歴史変わっちゃうかもだぜ!? そんな度胸はないよこのノミの心臓に!

というのは明らかに考え過ぎだという自覚はあります←

それがそんなに重要な設定部分なら、読み手が何言っても書き手が変えるわけないのはわかりきってますからねえ。卯月はわりあい頑固なのでお話の大事な部分は断固として変えません。なので皆さま気が向いたらこわがらずに卯月のお話で二次創作とかしてくれてもいいのよ! むしろいいのよ! 卯月、自分ができないだけでお話書いてもらうのは好きだよ! 設定も勝手に付けてくれていいし、聞いてくれればいくらでもしゃべるよネタばらしする癖があるから!(色々とマテ、

とはいえ、魔女恋や月姫はもう設定キツキツなのでいじりようもないけど、闇の眷族なんかは好きに楽しむ用のゆるい話だから随時キャラの設定募集中です。名無しの子が出たら勝手に名前つけてくれてもいいよ!(笑)



んー、なんの話だったかな? BL???



えーっと、とりあえず卯月がBL主題のお話楽しくないのは、あくまでも自分が書く場合、なので、読む方となると話は別です。ツボにハマればBLでもなんでもふつうに読みますよー、そしてハマりますよーw BL好き!とか、GL好き!とかその他にもあまり抵抗ないです。みんな好きなものを好きに楽しんでキャッキャすればいいのよ。そこをあえてまじめになって、ナイわー!とか弾劾しあう必要はないと思うし。ていうかぶっちゃけ論争とか面倒すぎる、と今まさに脳裏をかすめたこれが本心な気がしてきたw 卯月の面倒がりは仕様です☆

あれ? なんか、結局けっこー書いたぞ。途中話がそれたりしたけど。



――と、いうわけで、オチなし!ヾ(´∀`*)ノ


関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
たぬ : URL

2012.01.13 Fri 21:13

最近貸した某漫画はある意味「ナイわー!」じゃなかった(´∀`*)??
でも正直色々つっこみどころが多すぎて逆に話のネタになったからおいしかったけど(笑)

碧居 : URL

2012.01.14 Sat 00:09

こんばんわですー。
びーえる、私もツボにはまれば読むタイプです。ばっちこい!
学生の頃までは苦手だったんですが、今はもう^^;

昔、二次で書いてました。けど深く濃く書くの苦手で(書いてたか覚えなく;)ふわーっとしたほのぼの系書いてたのは覚えてるんですが。むしろ、びーえるなのに片方を女の子にしてしまうタイプでした。びーえるなようでちょっと違いますかね(汗)これ、卯月さんと反対ですかね?!

そして私もオリジナルだとびーえるは多分、書かないというか書けないです;
キャラに個人的な性癖であるのはいいとして、それを土台の話はなかなか難しく。

いや、そんなことより、月姫や闇の眷族とキャラがたくさん?!凄いですね(*^^*)!
50人は凄すぎる!キャラ作りは楽しいですよねぇ、そしてどのキャラも愛しくなりますよねv

と、長々失礼しました~!

ポール・ブリッツ : URL

Edit  2012.01.14 Sat 07:55

なぜにそんなに「BL」にこだわるのか不思議でしたが、

「BL」とはひとつの「ロック」であるのではないかという認識にたどりつき、そりゃ、議論も方向性でもめることも、生き方や人生や哲学にからむのも当然だなあ、という結論に至りました。

わたしのような部外者には永遠によくわからん世界であるということも。(^^;)

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2012.01.14 Sat 13:05

たぬさま
あれはあれで、ネタとして良作だと思うw
ツッコミどころが多すぎて「みんな、とりあえずおちつけ!」って感じだったねえ。しかし絵は美麗。


碧居さま
卯月、苦手感はないんですけど、読んで面白いのはやっぱりBL<NLですねえ。比較すれば、ですけど。
ていうか碧居さま、相手役女の子にしちゃったらBLじゃないですよwww ボーイズでなくなっちゃうじゃないですかwww その場合はあれですかね、女体化?(←お前もう黙れw
月姫綺譚キャラ50人のうち、30人くらいは一発キャラとか、~編限定キャラとか、そんなのなので常時50人スタンバってるわけじゃなかったですけどね(笑) それでも主要キャラ20人とかどんだけかと我ながら思ってましたw キャラづくりは楽しいです! 可能ならもうちょっと引き出しを増やしたいなあ、と思う今日この頃ですねえ。


ポール・ブリッツさま
――ロック!щ(゚ロ゚щ)ピシャーン☆
いま、ものすごく、天啓を受けたような感覚です……そうか、BLはロックなのか。卯月もなんでみんなそんなにBLにこだわって論争まで巻き起こるのか謎だったのですけれど、ロックだと言われればやむなし、という気になりました。いままでで最高に腑に落ちた。なるほどなあ。

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback