Aries.

Home > 創作ネタ > 気付けば先月すっ飛ばしてる件。

2012.08.02 Thu 気付けば先月すっ飛ばしてる件。

7月はまるっと書けない期だった、ぐぎゃあ(´Д`υ)
ま、まあ、通常運行といえば通常運行なんだけれどね、それまで卯月にしては書きまくってたほうだから。



8月はブルームーンだから何か書こうと思ってたけど、この調子だとムリかなあ(´・ω・`)




ところで、カネダ先生はひとまえではわりとヴァシリーサさんにツンツンしてるけど、ふたりっきりになると甘やかしてるんじゃないかと思ったりする。ヴァシリーサさんは先生と歩く時は、杖持ってない方の手で先生の服の裾とか袖とかつかまえてるイメージ。寝るときは先生の背中にヴァシリーサさんがくっついて寝る。その状態からさらに腕回して抱きついて来る時は、ヴァシリーサさんちょっと情緒不安定でさびしい時なので、先生は寝返りうって「なんや、リサ、今日は甘えたやなあ」とか言って腕枕して頭撫でてあげたり、してそう。ちなみに先生のほうが背は低いです。江戸時代のひとなので。当時の奥さんは、知り合いの医者の娘で、目が悪くて嫁き遅れてたのを心配した父親に頼む拝むされて、付き合いもあるしそろそろ身を固めなくちゃと思ってもらった、とかかなあ。恋愛結婚ではなかったけど、奥さんは家事も旦那さんの世話も上手にこなす良妻で、円満な夫婦だったのだろうと思う。なので先生はヴァシリーサさんにも遠慮なく家事させてるんだぞ、と。

「リサ、あんたもうちょっとがんばりや。ひとりで生活できるようにな」
「センセがいるから大丈夫だよ!」
「白髪ではじめたおじいちゃん頼りにしてどないすんのや。あほ。いつまでもいてへんよ」
「うー……センセはすぐにそう言うからヤだよ……」
「いつまでもいてへんけど、もうしばらくはいてるから、泣きな。鼻紙いるか?」
「センセの白衣でふいた……あとで洗濯してあげる」
「いまや、いま。替え持ってき」
「持ってくるから、センセ、いっぱい長生きしてね?」
「したるから、はよ持ってき。はなみずついて、これ、患者来てしまったら恥ずかしわ、はよはよ」

カネダ先生の病院は看護師さんも助手も事務もいなくて、ぜんぶ先生ひとりだから、たいへんそうだなあと思う今日この頃。ヴァシリーサさんは保険証とか確認できないし。受付に座って、やってきた近所のおじいちゃんおばあちゃんと順番までおしゃべりしてる係。



いい加減、カヤ兄サイドの話もなにか書きたいのだけれど、ハイダルさんの口調が迷子げふげふカヤ兄もじつは迷子げふげふ、なんだということに最近気付いた!(おい、



関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
ミズマ。 : URL

2012.08.05 Sun 02:49

リサちゃんかわいいなぁ。
それ以上にカネダ先生がかわいいなぁ(〃▽〃)
カネダ先生お忙しいということであればバイトでユリちゃん派遣しても良い、と思ったのですけれど、あの子周囲に吸血鬼いる環境でホイホイ一人にしたらいけないしなぁ(^_^;)
いやまあ、さすがにカネダ先生とかリサちゃんが襲うとは思わないのですけれど、患者さんで吸血鬼の人がきたら、危ないしなぁ。

リサちゃんは常連のおじいちゃんおばあちゃんたちと仲良く世間話しながらお茶飲んでいてほしいです。和みます。カネダ先生とのノロケ話とかしてて、カネダ先生はそれを苦虫を噛み潰したような顔で見ているといいかと思われます。
そのくせ二人きりだと甘やかすとか……なんなんですかね、萌えます。←

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2012.08.06 Mon 23:25

お姉さま
ユリちゃんがバイトに来たら、まずヴァシリーサさんのよだれがとまらなくて「待て!」状態の犬みたくなりますw ん、犬? 犬かな、猫かな? いや、ヴァシリーサさんはそれより、よくなついたインコみたいなイメージで(脱線。
先生は、若い別嬪の外人さんをお嫁にもらったとか言われて、常連のおじいちゃんおばあちゃんにからかわれてるんだろうなあ、と思うと卯月も萌えます。ヴァシリーサさんはひとなつこく振る舞ってるので、お年寄りに好かれてそうなイメージ。家庭菜園の野菜とか、お土産とかおすそわけでもらってキャッキャしながら診察室に乱入して先生に叱られてシュンとなってたら、診療時間が終わって二人きりになってから甘やかされて機嫌なおす、みたいな。ヴァシリーサさんは純血主義の血統のひとなのに元人間の先生にそんなになつくまで何があったのかー、とか、考えると漠然としたニヤニヤがおしよせます(笑)

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback