Aries.

Home > 創作ネタ > 闇の眷族、みたいな、とくにオチはない。

2013.04.18 Thu 闇の眷族、みたいな、とくにオチはない。

タイトルどおりとくにオチもなく意味もないので、あえての創作ネタカテゴリである!(ドーン
時間的には雨の日に猫拾った話のすこしあと、くらい。











「ゴウダ?」
「はい」
「おやっさん?」
「うんうん、あってるよ。でも次からはお父さんと呼んでくれるかな?」
「はい、おとうさん」
「うんうん」
「メガネ?」
「外に出なさい生太刀、話があります」
「やだもう怒んないでよキリヤマさーん、子どもの言うことじゃん?」
「教え込んだのはきみでしょう」
「メガネ」
「ちがいますキリヤマです」
「ちょっとー! うちの子にはもっと優しく言ってあげて!」
「ちいさな子どもががんばって名前を覚えてくれたんだ、総領の右腕なら、ここは笑って改名するくらいの度量をみせてもいいんじゃないかね?」
「つか別に間違ってないでしょ。キリヤマさんの本体眼鏡でしょ?」
「うちの眼鏡のことは気にしないでくれたまえ、おチビさん。きっとレンズの度が合わなくなってイライラしているだけなんだ。大人げない眼鏡ですまないねえ」
「……二人とも、言いたいことはそれだけですか……?」
「キリヤマ?」
「ちがいまっ――せん」
「いまちがうって言おうとしたよねキリヤマさん」
「なんのことです」
「いやいや、私にもそう聞こえたよ?」
「聞き違いでしょう」
「キリヤマ……? メガネ……? キリヤマ……?」
「ほらーっ、うちの子が混乱しちゃったじゃない! キリヤマさんのせいだから!」
「そもそもはきみの悪ふざけが発端ですよ!」










ゴウダしゃべらねえ……!wwwww

キリヤマさんはこのあと、懇切丁寧に自分の名前がキリヤマであることと、眼鏡が本体ではないことをアキちゃんに説明したのだと思う。アキちゃんはわりとキリヤマさんのこと好きだと思うなあ、っていま思った(え、

このあとくらいから、イクヤさんがアキちゃんをゴウダに預けて仕事に行くようになったりして、アキちゃんが「さん」付けを覚える&ゴウダとアキちゃんのよそよそしい感じがなくなっていく、んだと、思われる。


関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
我が君 : URL

2013.04.20 Sat 00:16

本体が眼鏡でないことを…せ、説明 笑
夜中に吹き出してしまったよ!!いやぁ、ウケた!!(≧▽≦)

ミズマ。 : URL

2013.04.20 Sat 20:49

キリヤマさんwww
そんなに焦るということは、やっぱり本体はメガネだったのね、そうなのねwww

アキちゃんがひたすらかわいいけど、これたぶん一番楽しんでるのはイクヤさんだよなぁ。拾ってからちょっと落ち着いて初顔合わせ、でしょうね。……そこに至るまでのイクヤさんの居心地の悪さそうな感じったらないなぁ!←
でもアキちゃんのためを思って、多少の居心地の悪さは我慢して、その様子を見たおやっさんは内心「大人になったもんだ」と思いながらもそんなことは態度に出さずにひたすら大人げなくからかって遊んでいる、だと楽しい。
「おやー? 大見得きってウチから出てったおバカちゃんが、今さらなんのご用でちゅかー?」
「……このクソタヌキが」

そして「この流れだとまさかカイさんが出……いやいや、たぶん出ないな! アキちゃんがお料理教わりに行くときが初めて会ったときだろうから、ないな!」と思いながらも始終ドキドキしていたわけで(^_^;)
この頃にはまた世界放浪美食の旅とかしてたんじゃないですかねー?

メガネのやり取りの場にいたら、爆笑しただろーなぁ、カイさん。そしてキリヤマさんから容赦ない八つ当たりがきただろーなぁ。

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2013.04.21 Sun 00:22

我が君
ちっちゃいアキちゃんの前にかがみこんで「いいですか、私はキリヤマです。眼鏡はこれです。これだけが、眼鏡です」と言って眼鏡をはずしてみせながら力説するキリヤマさんを想像するといいよ!(笑)
アキちゃんがキリヤマさんの眼鏡をつけてみて、度がキツすぎてクラクラする展開とか妄想すると個人的に萌え萌えするのw


お姉さま
あるいは眼鏡を取ると目が「3」というまさかの展開でもいいよなあ、と(笑)

>イクヤさんの居心地の悪さ
お姉さまに見破られている……「アキちゃんのためを思って、多少の居心地の悪さは我慢して」とか「おやっさんは内心~」とかまで、完璧に見破られている……さすが、お姉さま! イクヤさん完璧に把握されているwwwww

過去話でのダメなツンぶりが嘘のようにデレたイクヤさんなので、お察しのとおり、アキちゃんの人間関係とか行動範囲の拡大のために、信用できる相手のところには積極的に連れ出して接点をつくってあげてました。この時期。ついでに、無意識に、子どもの頃から上っ面で適当にやってた人付き合いのやり直しをしてる、のかもしれない。もしかすると? そんな感じで。

>カイさん
お姉さまに開示していただいてる設定だと、三年前のこの時期はたぶん、カイさんはユリちゃんと暮らし始める直前か、直後くらいになるな! てことは今この場にはいないはずだな! と、いうことでカイさんの登場は泣く泣く断念した次第です!(/□≦、)
イクヤさんがアキちゃんと出逢った過去話は三年前(リアル世界が2013年になったのに合わせてアキちゃんが13→14歳になっているとするなら、四年前)なので、その頃はユリちゃんは10歳か11歳でおそらく小5だと、思うの、です。アキちゃんとカイさんの初顔合わせは、イクヤさんと暮らし始めて一年か一年半くらい経った頃かなあって、漠然と思ってます。アキちゃんが一人でも危なげなく出歩けるようになるのにそのくらいかかったかな、と。

カイさんは、なにかの拍子にアキちゃんから眼鏡の話を聞いて、今度キリヤマさんにわんちゃんネタでからかわれたらお返しすればいいと思うけど、でも最終的にカイさんが負ける予感w

美沙 : URL

2013.04.21 Sun 17:34

素のキリヤマさんとくらくらアキちゃんとおやっさんの「ご用でちゅかー?」発言にクラクラしました。メガネをとるとまつげが長くなる仕様がいいです。

無理してがんばってるイクヤさんは好きです。ゴウダは誰も振ってもいないのに胃を痛めていたのでしょうね。

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2013.04.21 Sun 23:29

美沙さま
>メガネをとるとまつげが長くなる仕様
古式ゆかしい少女漫画のような、マスカラでガッツリやったみたいなまつげのキリヤマさんを想像して吹きました(´゚艸゚)∴ブッw しかしこれはこれで男前w
おやっさんは息子心を逆撫でするのが上手です(笑) 気まずいのをほぐしてあげようとしてるけども、おやっさんw

>ゴウダは誰も振ってもいないのに胃を痛めていた
お察しのとおりで(笑) 三人以上集まる場面だと、スーッと気配を消して背景に溶け込んでいっちゃうので、「しゃべって! 大丈夫だから、みんな噛み付いたりしないから、前に出てお話しよ!?」って、引っ張り出さないとまったく口を開かないゴウダです。ヒーローなのに!

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback