Aries.

Home > 小話 > 50題 > Novluno Child――恋のような衝撃と哀情。 その3-1

2013.05.07 Tue Novluno Child――恋のような衝撃と哀情。 その3-1

歌さまのお題サイト50題に挑戦、フェアリー強化月間、イッキに書ける気がしないから小出しでいくぜ!










 いつもはこじれて、なかなか床を離れられないのに。
 ゴウダさんの家から帰ってきた次の日の朝には、すっかり元気になっていた。うそみたいに身体も軽かった。お腹もいっぱいだったから、それから三日くらい、なにも食べなくて平気だった。イクヤさんは、わたしがまったく憶えていないんだって、思っているみたいだった。だから、ちょっと噛みついちゃっただけよ、なんて、気遣ってくれたけれど。
 ちょっとなんかじゃなかった。
 同族の、濃い血の匂いがして、とっても美味しそうだったから、加減もせずに噛みついた。熱に頭がフラフラしていたけれど、そのことは、ぼんやり、憶えている。
 ――同族喰いは、はしたない。悪食。行儀が悪い。
 なにより痛かったはずだと思う。混血は痛くせず吸血することができないから、あんなふうに噛みつかれて、ゴウダさんはきっと、とっても痛かった。わたしは噛むのが下手で、おかしな癖もあるから余計に。痛かったと思う。
 熱に浮かされ、血に酔った曖昧な視界の、断片的な記憶のなかで、真っ赤に光る目が真上からこっちを見ていた。苦しそうに。きつく眉間を寄せて。
 あんな顔は見たことがない。
 ゴウダさんは、きっと、怒っているに違いない。
 行儀の悪い、悪食の、はしたない子どもだと思われた。きっと。ゴウダさんは優しいけれど、だって。だって――。
「……どうしよう」
 お風呂に長くはいっているのは、本当は好きじゃなかった。
 いつもは服で隠れている、手や足が、どうしようもなく視界に映るから。傷痕が目に見えるから。湯気のこもった洗い場で膝を抱え、顔を埋めて、ぎゅっと目をつぶってみても、指先にぼこぼこと引き攣れた傷痕が触れる。
 どうやっても後ろめたいものをぜんぶ突きつけられるみたいで、だから、いやだ。
 もっと上手に隠したいのに。

 もっと「良い子」でいたいのに。









よーしこれでもう書き上げるしかなくなったはずだ、よしよーし(o゚Д゚)ノ←

……いや、このパターンで書き上がってないのがじつはふたつほどあるんだけど、ね? うん……だってフェアリー強化したいんだもん。うん←


関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
ミズマ。 : URL

2013.05.07 Tue 23:56

アキちゃんがお風呂場で悩んでいるのがゴウダくんのこととか、ゴウダくん、男冥利に尽きる、ね!←若干違う。

書き出せば、ブログに載せてしまえば、もう後は書き上げるしかないのだ、というプレッシャーで自分を追い込むことはあるあるです。せ、成功するか否かはともかくとして!←
そしてこのままいけばキリヤマさんがヒロくんとBL談義とか、え、可憐な少女のお風呂場シーンから、どうやってそこまで飛ぶの?
キリヤマさんは修行僧の如く耐え忍び、カイさんは全身抵抗主義として、ヒロくんは「まー、実害ないし、奥様方もよろこんでればいいんじゃないっすか」という器の広い男の境地だと思うの。でもゴウダくんのそれとヒロくんがエンカウントしたら……ど、どうするんだろう。でも二次元と三次元の区別はちゃんとつけられる子だと思うんだけどなー。
と、いうわけで既出の男性キャラではヒロくんかなり器の大きな方だと今思いました。
ヒロくんがカイさんとキリヤマさんに劣ってる点は経験の一点のみじゃないかしら。まー、世の中の若造とおじさまの差は全てそこにかかってくると思うんですけど。決断力とか判断力も経験値から身についてくるのよね、たぶん。


フェアリーの話じゃなくてヒロくんの話になってしまった(^_^;)

ポール・ブリッツ : URL (^^;)

Edit  2013.05.08 Wed 17:00

その前に本編を(禁句)

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2013.05.08 Wed 22:42

お姉さま
男冥利だぜ! でもきっとこのことをゴウダが知ったら顔真っ赤にしてそのあと蒼くなって白くなって貧血起こして倒れると思うのですwwwww

ていうか、ヒロくぅううううううううううううん! ヒロ、っくぅううううううううううううん!ヾ(^▽^ヾ)

なんという男前! なんという! まえにもお姉さまのお宅のほうで聞いたときキャッキャしましたがヒロくんのいずれ完成する器のデカさっぷりにもう、もう、惚れるしかない/// いまはまだ全体的に若さほとばしっているけども、ゴウダがハードボイルドダンディになる頃にはヒロくんもその分年輪を重ねた男に……ん、でもたぶんゴウダがいると何年経ってもゴウダの前にしたときのヒロくんの反応はあまり変わらない気がしましたw 兄貴、命! みたいな!! 兄弟の盃の絆は永遠に不滅ですよね! 盃かわしてないけど(笑)

>キリヤマさんは修行僧の如く耐え忍び、カイさんは全身抵抗主義
百歳オーバーダチ友sはいいなあ、なごむなあ(*´꒳`*) でも『全身抵抗主義』なんて文字列を奥様たちが見たらせっせとそういうの描いちゃうんだろうなあwww

>フェアリーの話じゃなくてヒロくんの話になってしまった(^_^;)
なんの話でも大歓迎ですのよ!ヾ(゚∀゚ゞ)


ポール・ブリッツさま
じつはすでに開始してるんです、本編w

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback