Aries.

Home > 創作ネタ > わりとピンとくる感じで。

2010.12.08 Wed わりとピンとくる感じで。

「――結婚してほしい」
「お断りしますわ」

 かくして、フェルキア公ドラクレア・バルモンザの、未亡人ヘンリエッタ・ベルケンドーラに対する三十七回目の求婚もまた完膚なき破談に終わった。
 神殿風に建てられた石造りの東屋のなか、瀟洒なテーブルにつくフェルキア公は悲壮もあわらにがっくりとうなだれている。片手に黒いレースの日傘をさした美貌の偉丈夫が背中を丸めておちこむ様子は、なんとも言えず滑稽だ。
 けれど、向かいに座るヘンリエッタはフェルキア公に目もくれず、彼が手土産に持参しためずらしい香茶の馨りを楽しんでいる。明るい陽射しにつつまれた午後の庭園。
 うららかな小春日和だ。

















フェルキア公の設定は、わりとわかりやすい仕様、だと思うのですが。どうだろう?
これも勢い3ページ書いて、2ヶ月ほど放置してるなあ……。
関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
ねみ : URL

2010.12.10 Fri 17:39

いいのではないでしょうか?
僕も蒼さんの小説「きまぐれ陽天楼」適当に
一話分ぐらい書いて放置ですし。
大丈夫ですよ、えぇ。

空音りんご : URL

2010.12.10 Fri 22:52

なんですか、この方々!
すっごく好みですvv
フェルキア公もヘンリエッタさまも素敵です。
私もまた色々と書いてみたくなりました。
そして今気づいたんですが、私、卯月さんの小説をほとんど読んでませんでした……!
今度絶対に読ませていただきますね!
それでは失礼いたします。

LandM(才条 蓮) : URL

Edit  2010.12.11 Sat 06:54

私のグッゲンハイム世界は小学生のころに出版社に応募した小説がベースになっていたりします。そういった若いころに書き散らしたものが、結構糧になったりするのでいいと思いますよ。
実は作家や漫画家のほとんどは小学生のころに落書きや途中止めにした作品を書き直したもので賞をいただいているんですよ。
そんなものです。
またこちらにもお寄りくださいませね。
どうも
LandMでした〜〜、

かぶとも : URL こんちは

2010.12.12 Sun 16:40

もう年末なんだけどな〜
アセアセと忙しそうにしてないと主婦じゃあないんだ、なんていう人も居るけど、そんな気持ちになれないんだな・・・
実際、そんなにすることもない(いや、あるんだよ沢山、お礼状とか年賀状とか・・・)
ギョエ!
だんなが帰ってきた!
忘年会なのに、今頃帰って来るのか!
キャー!!!

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2010.12.12 Sun 20:36

ネミエルさま
ネミエルさまの場合、連載2本を定期的に更新していらっしゃるので、卯月とはワケがちがいますよぅ><;;
卯月の場合は、連載モノの不定期な上に、気分であっちこっちに手を出しての、書きかけ放置なので……そういうのがUSBに大量に保存されていてタイトル量だけはハンパないという……とほーorz
空音 りんごさま
りんごさまの創作意欲を刺激できて何よりですー♪ 卯月の創作意欲もどこからか湧きださないかな(←
卯月のお話も、目を通していただければ嬉しい限りです(u_u*)
でもでも、読んでみて、好みじゃないなー!と思ったら、適当にスルーしてくださっても、全然大丈夫なので(笑) 日記記事にコメントいただけるのもすごく嬉しいですよ〜♪
才条 蓮さま
小学生にして応募! す、すごいですね……!
卯月は、小説書きはじめたのは中学からなので。お話を書きなおしてはいませんが、はじめて書いて完結させたお話のキャラたちは、卯月世界のキャラクタの始祖的なものにはなってる気がします。どんなキャラクタも彼らから派生していっているような。思い入れは深いですねえ。
と言ってると、あのお話を書きなおしたくてウズウズしてきます……悪い癖が(笑)
かぶともさま
もう年末なんですよねっ、早いですよねーっ;;;
うちは、今年(来年?)の年賀状は「届いた分に返すだけにしようか」「うん」という、かなり緩い方針でまとまったので、わりあいのんびりしてますが(笑)
そういえば忘年会シーズンですね、卯月も昨日忘年会でしたー。思いがけない時に家族が帰宅するとビックリするというかなんというか。卯月はたまに部屋のドア全開で歌ってたりするので「ギャッ」となりますw

: URL

2010.12.12 Sun 21:26

ヘンリエッタさん、なんて見事な即答!
フェルキア公が何やらとても可愛らしい。ほのぼのかつ優雅、春麗らかな午後の雰囲気がとても好きです〜。そよそよと風が吹いて、暖かそうですねぇ><*
それにしても卯月さんの文体、やっぱりとても好きです。ほっこりしましたv

misia2009 : URL こんばんわ♪

2010.12.13 Mon 16:49

ご無沙汰しております。
「黒いレースの日傘をさした美貌の偉丈夫が背中を丸めておちこむ」
しばらくこのフレーズが頭から離れないと思われますw
断る理由はどう考えても「単にきらい」な訳はないので背景を考えるとポワポワと想像が広がっていきますw 続編を強く希望します。
私も中学生のころのキャラが変奏曲になって繰り返し現われているような気がします。変わらないものですね。

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2010.12.14 Tue 21:36

祭 歌さま
フェルキア公は地位も身分もある容姿端麗な殿方なのですが…ヘンリエッタさん、容赦ナシ☆ですbbb
いい感じに洋風な庭園で、いい歳の大人がふたり、いい雰囲気で話してるシーンのはずがあんなことに(笑)
そして卯月は、歌さまに文体を好きだと言ってもらえて、ほこほこ(u_u*)///(笑)
misia2009さま
>断る理由はどう考えても「単にきらい」な訳はない
読みが深いぃいいいっ><;;; あれその部分まで載せてたっけ?と思って、思わず自分の記事を読み返してしまいましたよ。さ、さすがmisiaさま……書ける時にチビチビ書き足して、完成したら、ちゃんと掲載したいお話です。……いつか←
『黒いレースの日傘をさした美貌の偉丈夫が背中を丸めておちこむ』に反応していただけて嬉しいです! ここちょっと卯月的に萌えポイントだったので!(笑) 男性美的なたくましい男のひとがしょんぼりしてるのって可愛い気がして///
最初のころに考えたキャラは、打算も計算もなく造詣してるからか、結構キャラが根強いですよね。たまに、脳内で派生図を思い浮かべると面白いです(笑)

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback