Aries.

Home > 創作ネタ > うにうにするので書きなぐってみる、そのご。

2010.12.27 Mon うにうにするので書きなぐってみる、そのご。

とりあえずタイトル合わせてみたのですが、書きなぐりませんよ。さすがにもう(笑)

もしかして、古代日本史とか、日本神話に興味をお持ちの方ってけっこういるんじゃなかろうか……? と、思ったので、卯月が『古代日本で三国志やろうぜ☆』の資料に使ってる本を載せてみようかと、思った次第です。うーん、需要あるのかこの情報(笑) もしも興味がおありでしたら、追記からどうぞ〜。
口語訳古事記 完全版口語訳古事記 完全版
(2002/06)
三浦 佑之

商品詳細を見る

古事記講義古事記講義
(2003/07/11)
三浦 佑之

商品詳細を見る

卯月のバイブル。学生さんだった頃、お正月だったかクリスマスだったかに買いました。それまでに売れちゃわないか、冷や冷やしたなあ。なつかしい。こたつでゴロゴロしながら読んで爆笑して、父に怪訝な顔をされた思い出。



古事記 (上) 全訳注 (講談社学術文庫 207)古事記 (上) 全訳注 (講談社学術文庫 207)
(1977/12/08)
次田 真幸

商品詳細を見る

原文が読みたくなったとき用。神代の内容にしか興味がないので、上巻のみ。



風土記 (平凡社ライブラリー)風土記 (平凡社ライブラリー)
(2000/02)
吉野 裕

商品詳細を見る

言霊―ホツマ言霊―ホツマ
(1998/05)
鳥居 礼

商品詳細を見る

古事記をちょっと離れたいなー、という時に読む用。風土記は、むかし話で聞いたことのある話がちょっとちがった感じに載ってて面白いし、ホツマ伝の神話は斬新で楽しいです。



「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド (PHP文庫)「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド (PHP文庫)
(2004/01/06)
戸部 民夫

商品詳細を見る

目からウロコの古代史 イザナギ神話から壬申の乱の謎まで PHP文庫 (PHP文庫)目からウロコの古代史 イザナギ神話から壬申の乱の謎まで PHP文庫 (PHP文庫)
(2004/01/06)
武光 誠

商品詳細を見る

早引き資料。『「日本の神様」がよくわかる本』は神名や神格をパッと確認できて便利。



日本超古代文明のすべて―「大いなるヤマトの縄文の遺産」を探究する! (知の探究シリーズ)日本超古代文明のすべて―「大いなるヤマトの縄文の遺産」を探究する! (知の探究シリーズ)
(1996/04)
佐治 芳彦、鈴木 旭 他

商品詳細を見る

抹殺された古代民族の謎―「先住民が明かす真実の古代」を探究する! (知の探究シリーズ)抹殺された古代民族の謎―「先住民が明かす真実の古代」を探究する! (知の探究シリーズ)
(2001/02)
鈴木 旭、内田 由紀 他

商品詳細を見る

とにかくネタになりそうなことを蒐集したいとき用。図がたくさん付いてるので、見やすい、わかりやすい、漠然と面白い、です。



女王卑弥呼の「都する所」―史料批判で解けた倭人伝の謎女王卑弥呼の「都する所」―史料批判で解けた倭人伝の謎
(2004/10)
上野 武

商品詳細を見る

古代万華―邪馬台国と倭国の物語・抄古代万華―邪馬台国と倭国の物語・抄
(2004/04)
小椋 一葉

商品詳細を見る

古代天皇はなぜ殺されたのか (角川文庫)古代天皇はなぜ殺されたのか (角川文庫)
(2007/12)
八木 荘司

商品詳細を見る

たまには神話神話してない資料もいるよなー、と思ったとき用。読むには読んだけれど、内容を理解しているかは不明。『古代万華』はタイトルと装丁に心惹かれて衝動買い。(←





手頃さでいうと、やっぱり文庫本の資料がオススメです。ちなみに『口語訳古事記』は文庫版もあります。語り部のおじいちゃんが囲炉裏端で話して聞かせてくれているような本文が魅力的なので、これもオススメです。
関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
misia2009 : URL ありがとうございます。

2010.12.27 Mon 03:19

全部買います。順番に。

ポール・ブリッツ : URL

Edit  2010.12.27 Mon 17:57

図書館でお借りになってでもいいですから、ぜひとも鯨統一郎先生の「邪馬台国はどこですか?」をお読みになってください。死ぬほど笑えます。
http://www.amazon.co.jp/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AF%A8-%E7%B5%B1%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4488422012
白眉はやはり邪馬台国岩手県説と、聖徳太子の意外な正体でしょう。わたしは腹を抱えて笑いました。とにかくよくできた本です。
現在、「巷説百物語」読書中……。

卯月 朔 : URL いらっしゃいませ!

Edit  2010.12.31 Fri 15:13

misia2009さま
ほわわ! 興味をもっていただけて、嬉しいです! 『口語訳古事記』と『よくわかる本』シリーズがとくにオススメですが『古代万華』も結構おもしろかったですので〜。
ポール・ブリッツさま
図書館に行きたかったですがタイミング逃しましたー;; というか、あらすじを読んだら面白そうだったので買いたいです! 本屋さんで探してみますb

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback